ロンボク便り

領事館からのお知らせ

●10月16日(水)午後9時ころ、ジンバラン地区に所在するインターコンチネンタル・バリ・リゾート付近において男女2名による通称「お金見せて詐欺」と呼ばれる手口による事案が発生しています。
●昨年来、デンパサール空港、クタ地区、ヌサドゥア地区、ジンバラン地区及びウブド地区においてアラブ系男女等による同種手口を用いた事案が発生しています。見知らぬ者から突如声を掛けられたり唐突な依頼をされたりした場合は、相手の言動等に惑わされたり油断することなく、会話を断ち切りすぐにその場から離れる等して被害の未然防止に努めてください。

1.10月16日(水)午後9時ころ、ジンバラン地区に所在するインターコンチネンタル・バリ・リゾート付近において、アラブ系及びインド系と見られる男女2名による通称「お金見せて詐欺」と呼ばれる手口による事案が発生しています。

2.邦人旅行者(男女2名)がコンビニエンスストアからホテルへ戻る途中、アラブ系及びインド系男女2名から「日本食の店はどこにありますか。」、「日本のお札を見せて欲しい。」等と言われたため、相手に渡すことなく1万円札1枚を把持した状態で相手をしていたものの、後ほど財布内を確認したところ、1万円札1枚が抜き取られていることに気が付いたとのことです(被害者は5万円所持していたことを確認済。)。

3.本件では、アラブ系の男性は英語を、インド系の女性は片言の日本語を話しており、両名が別々に被害者らに話し掛けています。また、被害者の同行者が千円札しか所持していないと認識するや、話し相手を被害者に切り替える等しており、高額紙幣の有無を探ったり役割分担の上犯行に及んでいることが推察されます。

4.昨年来、当館に寄せられた報告分だけで、デンパサール空港、クタ地区、ヌサドゥア地区、ジンバラン地区及びウブド地区においてアラブ系男女等による同種手口を用いた事案が発生しています。見知らぬ者から突如声を掛けられたり唐突な依頼をされたりした場合は、相手の言動等に惑わされたり油断することなく、会話を断ち切りすぐにその場から離れる等して被害の未然防止に努めてください。

領事館からのお知らせ 2019年9月

●バリ島クタ地区で在留邦人が配車アプリを通じたサービスを利用した際、ドライバーから手続きの一環を装って(配車サービス会社から通知される)4桁の認証コード等を聞かれ、不用意に答えた結果、同アプリに入金していた電子マネーの一部がなくなっていたという被害が発生しました。
●配車サービス利用にあたっては、予めシステムを十分理解の上、個人アカウントの不正利用等に繋がるおそれのある情報の取扱いには注意してください。

1 9月上旬、在留邦人がバリ島クタ地区のショッピングモールから配車アプリを通じてサービスを利用した際、ドライバーにアカウントを不正利用され、同アプリに入金していた電子マネーの一部がなくなったという被害が発生しました。被害者は、当該配車アプリによるサービスを何度も利用したことのある方でしたが、今回ドライバーから「4桁の認証コード」を尋ねるインドネシア語のメッセージが届き、当初不審に思ったものの、その直後に配車サービス会社からSMSで4桁の認証コードが届き、(配車利用時に4桁の認証コードを伝えるシステムに変更になったものと誤解して)答えてしまったもの。

2 本件の詳細は関係当局の捜査・調査を待つ必要がありますが、手軽に利用できる配車アプリサービスを利用する在留邦人及び旅行者が多くなっていますので、ご利用にあたっては、個人アカウントの不正利用等に繋がるおそれのある情報は決して他人に漏らさぬよう取扱いに注意してください。万一、そのような情報の提供を求めるメッセージを受け、判断に迷う場合には、一旦利用を中断の上、配車サービス会社に確認することをお勧めいたします。また、同様の被害に遭った方は警察に被害の届出又は情報提供することを検討ください。対応にお困りの場合には当館まで相談ください。

領事館からのお知らせ(一部)

安全対策情報(7月)の発出

1 夏休みシーズンに向けた注意喚起
 これから夏休みを迎えるにあたり日本から多くの観光客の来島が予想されます。そこで、当館から特に注意を要する点をまとめましたので、来島を予定している親族、知人等に対して注意喚起をお願いします。
 ○パスポート:インドネシア入国時点で六か月以上の残存有効期間と十分な空白のビザ頁が必要
 ○海外旅行保険:十分な補償が受けられる保険への加入(強くお勧めします。)
 ○オーバーステイ:滞在許可期限を確認の上不法滞在とならないように注意
 ○現金の持込み:1億ルピア(もしくは相当の外貨)以上を持ち込む際は税関申告が必要
 ○運転免許証:日本で取得した国際免許証は無効であるため当地での運転は不可

エアアジア 国内線ロンボクからインドネシア各地へ

今年6月にロンボクーパース間の直行便が就航したエアアジア 
今度は国内線をロンボクからインドネシア各地を結ぶ便が就航します。
インドネシアを周遊する上でもますます便利になりますね。

ルートは ロンボク~バリ、フローレス(ラブアンバジョ)、ジョグジャカルタ、スラバヤ、西ジャワ クルタジャティ 8/1からの運航のようです。

エアアジアのサイトへ

リンジャニ山の入山制限一部解除

リンジャニトレッキング

去年7月の地震で登山道などが崩落した関係で入山禁止となっていたリンジャニ山、条件付きで一部解除となりました。
スナル、スンバルンともにクレーターの上(約2600m)まで許可
山頂とカルデラ湖への侵入はまだ進入禁止
各ルート 1日の入山人数の制限あり(スナル、スンバルンで150名ずつ計300名)そのため事前登録が必要
必ずガイド、ポーターをつけること(単独では入れません)
などの情報が入っています。
これから本格的はトレッキングシーズン(9月いっぱいまで)リンジャニ登山をお考えの方 まずはお問合せください。



カタマランホテルのキャンペーン

2019年 5月末までのキャンペーン
スンギギで人気のカタマランホテル
プレミアのお部屋(スイートは除く) Rp1.450.000/泊 (約11500円)
オーシャンビュースイート(おすすめ!) Rp2.500.000/泊(約2万円)
トロピカルプールヴィラ Rp2.900.000/泊(約23000円)
朝食込み 税、サ込み価格です

イドゥルフィトリの当社のお休みについて

ラマダンといえばインドネシアはこのKetupat 中にもち米入ってます

今年も5/9よりイスラムの断食月 ラマダンが始まりました。 カレンダーによると今年の断食は6/4まで 6/5.6がイドゥルフィトリとなっています。

6/5は当方のスタッフが全員ムスリムのため完全休業とさせていただきます、ご迷惑をおかけしますがご理解をお願いします。

尚 断食終了の判断は月を人間が見て判断するといわれており ウェブの新月を調べると6/3の19時ごろ(これは日本時間)となっています。このため 前倒しで断食が終了することが「まれに」あります。 この場合イドゥルフィトリは6/4になることになります。これはその日になってみないとわからないです。

このため (可能性として低いが)今年は6/4がお休みになる場合があります。

なぜ?お客さんの多い時期なのに休む?

断食月が終わった翌日は 朝にモスリムが集まりお祈りをする行事があるためです(絶対的な義務ではないが 行くとよいとされていること)これは午前中には終わるので 午後からは働くモスリムもいます。

送迎に関してはムスリム以外のドライバーになるので 4日の送迎はお受けしますが アクティビティはこのような事情で開催されないこともあることをご理解いただいた上でお申し込みください。

ダイビング、スノーケルなどは イドゥルフィトリ当日は完全休業

ゴルフは午後からプレーできます。

以前にも 前倒しした年、 前倒しで終わりと宣言したあとに アラブ諸国は明日も断食と判断したため「やっぱり明日も断食」と撤回した経歴があり(ここ10年の話です)毎年この時期はハラハラです。